Sinner: Sacrifice for Redemption(レビュー)

贖罪しろ。ダークソウルをパクったことを。

 

[作品名]

Sinner: Sacrifice for Redemption(PC)

[プレイ時間/進行度]

4時間程度/本編全クリア(約2時間)/DLCなし

 

概要

謎のパブリッシャーであるダークスターゲームズより発売のアクションゲーム
いわゆるインディーゲーというやつ

ダークソウルライク、という触れ込みであり
まさにといった見た目をしているが、ダークソウル特有の素晴らしい景観はなく
基本的にはボスラッシュのみという仕上がりになっている

特徴としては「犠牲」システムが挙げられる
ボスを倒すたびに、自キャラのステータスが下がっていくのだ。

全体を通して非常に粗削りなアクションゲーではあるが、
この粗削り感が好きか嫌いかで評価は分かれるだろう

 

評価項目と詳細

本作品では、コアとなる「戦闘アクション」「ボス戦」、
ダークソウルライクなら言及したい「世界観表現」、
特徴となっている「犠牲システム」の3つを中心に批評していこうと思う。

 

戦闘アクション

本作品のアクションはとても既視感がある。
このゲームでは、基本的には少しのアイテムと武器2種類以外のアクションはない。

武器は片手剣/盾の組み合わせと、大剣の二種類。
武器アクションは弱/強攻撃とパリィが可能である。

アイテムは「遠距離攻撃(槍を投げる)」「火炎壺投擲」「エンチャント」「回復」の4つ。
どこかで見たことがある感じがとてもするが、気のせいだと思われる

 

強攻撃と弱攻撃はあまり差別化できておらず、弱を刻む方が遥かに取り回しが良い
また、アイテムの遠距離攻撃2種やエンチャントについては
ビルドによる差異などが存在しないため、複数に分かれている意味をあまり感じない。

どちらかというと「こういうのが作りたい」から実装された印象を受ける。
このあたりがとてもB級インディー作品といったところだろう。

だが、元にしたゲーム(そんなものはないと思うけど)が素晴らしいバランスであるためか、
アクションとしては割と完成されており、大きな問題はない。

 

ボス戦

本作のボス戦は割と分かりやすい。
分かりやすい攻撃予備動作に、それぞれ対処法を組み立てていく。
昔のモンハンや、それこそソウルシリーズのボス戦に近い。

少し違うのは、このゲームでは自キャラの性能を盛ることは出来ない為、
なかなかちゃんと歯ごたえのある難易度でボス戦をすることができる。

そういった意味で、ボス戦自体の体験はソウルシリーズやモンハンを超えており、
単体で見た場合にボス戦の満足度は非常に高かった。

 

一つ欠点を上げるとすれば、落下死だろうか。
なんかよくわからないけどとりあえず穴が開いており、
なんかよくわからないけどとりあえず相手が攻撃で意図的に落とそうとしてくる。

これ流石に面白いと思ったの??????

 

世界観表現

このゲームとは一切関係が無いと思われるが
ダークソウルという名作において、世界観表現の手法はとても独特である。

物語の断片を世界に散りばめることで
最終的にユーザの中で完成する、といった仕組みになっているのだ。

本作も、恐らく参考にはしていないと思うが、
ボス戦開始のムービーのみで断片的に語ろうとしており、
正直1ミリも理解できなかった、というのが率直な感想である

 

グラフィックに関してはそれなりに綺麗、というレベル
だが、ステージの主要な色合いだったり
小物の雰囲気に関してはこだわりが感じられ、
世界観の表現としては平均点は上回っているように感じる。

 

犠牲システム

このゲームでは、ボス毎に低下するステータスが決められており、
ボスをクリアする度に時機が弱くなっていく。
これは「順番を選択している感」と「戦略的な選択」の2点を狙っていると思われるが、
このシステムには致命的な欠陥が2つある。

一つ目は、どんなボスかがやるまで分からないということ。
ゲームの進行上当たり前であるが、次のボスがどんなボスかは分からない。
なぜそのステータスを「今」犠牲にするか、を判断する情報が少なすぎるのだ。

2つ目は、「ステータスの低下」でしかないということ。
例えば、回避性能が劣化するとかパリィ出来ないとかであれば、攻略に差異が出る。
だが、犠牲は単純なステータス低下のため、順番に攻略上の大きな差異がないのである。

 

総評

ボス戦だけのダークソウル。
だが、ボス戦の歯ごたえはとてもいい感じ。
それだけに注力した結果、他はまあ……という仕上がり。

あまりに恥知らずな「既視感」を感じさせるデザイン、
B級あるあるなとんでもなくしょーもない初見殺しなど、
全体的にみると割とお粗末であり、やはり「贖罪」すべきであろう。

だが、このしょーもない「クソゲー」的な体験が好きは人には割と「アリ」。

 

余談ではあるが、このゲームには二週目以降の縛りモードがある。
その中に、「移動速度上昇」かつ「回避の無敵なし」で攻略するモードがある。

一週目は犠牲なしで簡単にクリアさせて(ボスのお披露目)、
二週目は犠牲をがっつりシステム制限に寄らせることで
やりたかったであろう「戦略的な選択」は達成できたように思う。

その兆しが縛りモードにあるだけに、少し残念ではある。

 

個人的お勧め度: ★★★★★★★☆☆☆(7/10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)