儚き旋律の雨に、溺れる ― ENDER LILIES: Quietus of the Knights(レビュー)

その雨は、圧倒的な「こだわり」という情報量そのものだ。


[タイトル]
ENDER LILIES: Quietus of the Knights [公式サイト]

[対応ハード] ※★でプレイ  
★PC / XBox One / Nintendo switch / PS4

[プレイ時間/進行度] ※レビュー時点
20時間/エンディング・手記コンプ


はじめに

今回紹介するのは、メトロイドヴァニア系のアクションRPGであるEnder Liliesだ。
難易度は比較的高めで、「死にゲー」の部類に入るようなゲームだろう。
とはいえ、ベース部分は普通のメトロイドヴァニアで、それ以上でも以下でもない。

メトロイドヴァニアは、インディーの得意分野だ。
王道で分かりやすい探索の面白さをベースに、情熱を込めるのだ。
それ故に、面白さは開発者の「こだわり」に大きく影響される。

いろいろ言いたいことはあるのだが、先に一つだけ言っておく。
本作は、今年やったゲームの中で一番のゲームといっても過言ではない

ということで、さっさと本題に入るとしよう。

 

説得力のあるエリア設計

メトロイドヴァニア系……というより、エリア開拓をベースとするゲームであれば、
そのエリアに対しての「説得力」が「探索の感動」を齎すと私は思う。
そしてその説得力を生むのは、以下の要素だと考えている。

  • エリアの構造/グラフィック表現
  • エリアのバックグラウンド
  • 世界そのものの地理/構造

本作は、そのすべてを完璧にクリアしている。
これは非常に珍しく、ハイレベルな例として初代ダークソウルなんかがあるだろう。
折角なので、少し説明を加えて細かく見ていこう。

 

エリアの構造/グラフィック表現

そのエリアのグラフィックや、足場/エレベータなどの構造物の有無。
そのエリアに見合ったものであり、なおかつ種類に富むほど、全体の完成度が高い。
Ender Liliesは、いろいろなロケーションがあると同時に、細かいディテールにも余念がない。

エリアのバックグラウンド

そのエリアの背景ストーリーや、場所の成り立ち。
ただエリアがあるのではなく、そこにそれがある理由が納得できるほど素晴らしい。
Ender Liliesでは、手記などで断片的に語られるストーリーを元にエリアが存在している。

世界そのものの地理/構造

細かいところだが、世界全体で見た時に説得力があるかどうか。
エリア単体ではなく、マクロの地理的な要素で説得力があるほと素晴らしい。
Ender Liliesのマップは、繋がりや位置関係の「納得感」が非常に高い。

 

ネタバレしたくないので曖昧に書いたが、
ざっくりいうと「よく練られた背景ストーリー」を元に世界が存在している。
それだけならともかく、細かい要素で矛盾が生じないように緻密に描かれているのだ。

 

アクションとしての面白さ

良い「死にゲー」と、悪い「死にゲー」は何だろうか?
そう考えた時、個人的には「死に前向きになれること」だと思う。
次は上手くやれる、と思わせなければならないのだ。

Ender Liliesでは、回避や攻撃の猶予は比較的短い。
だが、すべての攻撃モーションが分かりやすく設計されており、
何故死んだのか、がかなり明確な作りになっているのだ。

また、攻撃アクションに過度な種類が存在しない。
だが、戦術を左右するような要素はしっかり抑えている。

このボスは遠距離なのか、中距離なのか、パリィなのか。
どれでも攻略出来るし、だからこそ戦略を考えるのが楽しい

このようなアクション設計は、SEKIROや昔のモンハンに近いものだ。
シンプルだが、難しい。しかし、分かりやすい。
そういった「アクションの面白さ」を突き詰めたとも言えるだろう。

 

全ての要素が、世界観に準じている

Ender Liliesの特に素晴らしいところで、僕が重要視する部分だ。
前述のエリア設計そのものが強固な世界観を構築しているのは言うに及ばないが、
本作は他の要素についても世界観から外れないようになっている。

例えば、主人公の使うアクションは浄化した敵を使役する形で行われる。
そして回復行動は「祈り」で、経験値は「穢れ」だ。
エリアを塞ぐ壁はただの壁ではなく、ストーリーでも触れられるものだ。

大概の作品は、「全ての要素」を統一できない。必ずどこかでボロが出る。
だが本作は、それをやり切っている。
それゆえに、他の作品には見られない圧倒的な説得力がある。

 

音に対するこだわり

本作の素晴らしい点は他にもある。
それは、「音」だ。

BGMは世界観に沿った儚いもので、数自体もかなり多い。
どれもメロディアスで、昨今のゲームには見られないくらいの主張がある。
だが、その主張あっての世界観である、と思わせるくらいに馴染んでいる。

 

だが、特にこだわりを感じたのはBGMではない。
それは「雨」の音だ。

例えば「雨」だが、これはある種の本作の重要な要素だ。
「雨」を境に、人々が狂ってしまった……というような背景があるからだ。
そんな「雨」だが、屋外エリアで廃屋に入ると雨音が変わる

確かにこれは些細なことかもしれない。
確かに、リアル趣向のゲームではやらないと逆に不自然だろう。

だが、2Dインディーゲーで「あえて」そこにこだわっている。
一般的に求められる水準には存在しない要素だ。
明らかにこれは「こだわり」として、プレイヤーに訴えたい要素なのだ。

 

総評

エリア設計、アクション、音。
ゲームにおけるほぼすべての要素に、世界観が反映されている。
細部に手抜きは一切なく、完璧なまでに構築されている。

正直、アクション面に多少問題があっても★10だろう。
それだけ、圧倒的な世界観とこだわりを見せつけてくる。
私の考える「ゲームならではの表現」の一つの完成形とも言える。

だが恐るべきことに、本作には純粋なアクションの面白さもある。
それもあって、ダークソウルと並ぶレベルの完成度だと考える。

インディーゲーで安いので、是非やってみてほしい。
値段以上の体験が出来ること間違いなしだ。

 

個人的お勧め度: ★★★★★★★★★★(10/10) ※しょーじき★14くらいあげたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: