人間らしいのはyoutuberか、即身仏か

ゆ~ちゅ~~~ぶ~~~
ゆ~ちゅ~~~ぶ~~~
しゅ~~や~~~く~~はきみな~~~の~~さ~~~~~

は?

 

ということで今回は人間らしさについて話していきます

 

youtuberはとても人間らしい

youtuberの目的って何でしょうか?
お金、名誉、承認欲求、社会に貢献……まあそんなところでしょうか
要するに「社会的」に価値があるものを追い求める存在と言えます
ここでは本能と表現しましょうか

人間はもともと動物です
であるならば、欲求という衝動に素直に行動し、
社会に適応するという本能のもと行動するのは、とても人間らしいですよね?

 

即身仏はとても人間らしい

即身仏の目的って何でしょうか?
僕は良く分かりませんが、きっと主観的には「極地」なんだと思います
要するに「精神的」に価値があるものを追い求める存在と言えます
ここでは理性と表現しましょうか

人間はもともと動物でした
であるならば、動物としての本能を抑え込み、
精神的な探求という理性のもと行動するのは、とても人間らしいですよね?

 

どちらも人間らしくない

ここでお得意のちゃぶ台返しといきましょう
僕が思うに、これはどちらも人間らしくないのです

人間は「理性」と「本能」を完全にコントロールすることが出来ません
もともと、「動物」でも「知的生命体」でもなく、その中間なのです

 

youtuberは、自らの社会的欲求を満たすために行動しています
ですが、そのために理性的な判断を活用せざるを得ません
「意図的に」「本能を重視」しているだけなのです

即身仏は、自らの精神的欲求を満たすために行動しています
ですが、その原動力として本能を活用せざるを得ません
「意図的に」「理性を重視」しているだけなのです

 

この2つに共通しているのは、
どちらも「意図的に理性と本能のバランスを調整していること」です

 

人間らしいとは

僕は、人間らしさは「動物」と「知的生命体」両者としての都合の良さと考えます
人間はそのどちらでもないのだから、そこに意図が介在してはいけません
無意識下で、都合よく理性と本能を使い分けることが人間らしさなのです

だからこそ、youtuberも即身仏も人間らしくないと考えます
この2つのパターンは、どちらを重視するかの意図が含まれています
つまり、「知的生命体であろうとする動物」でしかありません

僕が考える最も人間らしい個体とは、
「ただただ感情のまま生きるけど、都合よくズルや嘘を活用する人」
いわゆる「クズ」と評されるような個体だと思います

基本的には何も考えていないけれど、都合よく最低限の思考はしている。
無意識下で「合理的に不合理な選択を取れる」のが人間なのです

 

おわりに

この記事の発端となったのはワタナベマホトというyoutuberが炎上したことです
ここでの表現を借りるなら、彼はとても「人間らしい」です
逆にヒカキン氏なんかは「人間らしくない」と感じます

こうやって実例を挙げてみると、なんか納得しませんか?
ボロが出る、つまり「知的生命体であろうとする動物」の化けの皮が剥がれた時、
それはとても人間らしいのだ、と思います

やはり、人間は知的生命体でも動物でもないのでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)