全てが高水準で、美しい。 ― Hollow Knight(レビュー)

本当に美しい薔薇には、棘がある


[タイトル]
Hollow Knight [公式サイト]

[対応ハード] ※★でプレイ  
★PC / Nintendo Switch / PS4 / Xbox One

[プレイ時間/進行度] ※レビュー時点
15時間程度/本編ノーマルエンド


はじめに

今回紹介するのは、いわゆるメトロイドヴァニア系である「Hollow Knight」だ。
広大なエリアを、徐々に開放されるアクションを用いて探索するゲームだ。
ボス戦と、エリア探索あたりがメインの楽しみになるだろうか。

本作は、可愛げのあるドットとは裏腹に難易度が高いとの触れ込みだ。
とはいうものの、ある程度非ゲーマー向けの触れ込みではあるだろうか。
言うほどの難しさは無く、それなりにサクサク進む部類だろう。

良くも悪くも、本作にメトロイドヴァニアとして突出した部分は無い。
だが逆に悪い部分もなく、非常に安定したゲームである。
このジャンルが好きな人であれば、大きく外れることはないような仕上がりだ。

ということで、レビューをしていこう。

 

普通に面白いアクション

Hollow Knightのアクションは、よくも悪くも「普通」だ。

普通の近接攻撃と、普通の魔法攻撃。普通の回復行動。
バリエーションは多くなく、アクションとしてはシンプルだ。
いわゆる「アイテム」のようなものもなく、基本アクションに集約されている。

防御システムも、至って普通だ。
二段ジャンプ / 壁蹴り / 空中ダッシュといった多彩な移動手段はある。
だが、敵の攻撃をガード / パリィするような裏技的な手段はない。

それゆえ、攻撃を「間」で回避してから殴るという「普通」の駆け引きが行われる。
「シンプルイズベスト」である、と言えなくもないだろう。
操作感自体はとてもよいし、間違いなく平均点はあるだろう。

だが、もう少しプレイヤーに戦略を選択させてほしいとも感じる。
このボスはパリィなのか、遠距離戦なのか。
そういった要素があれば、平均点を超えることも出来ただろう。

 

二律背反の探索システム

メトロイドヴァニア系の例に漏れず、エリア探索は非常に重要だ。
本作は、最低限のアクション開放やマッピングは完備している。
ここに不満は無いし、それなりに快適で洗練されていると言っていい。

少し特殊で功罪あるのが、マッピングシステムだ。
本作では、マッピング用のNPCを見つけないとマップを見ることが出来ない。
そして、マッピングした部分は拠点に戻らないと更新されない。

良い部分として、更新の仕様からして拠点に戻った時に未探索部分が分かる。
一息ついた時という、緊張が切れた瞬間に「まだいける」と思わせてくるのだ。
これにより、同じマップであってもメリハリがあり、飽きずに探索が出来る。

悪い部分として、マップ開放のNPCが見つけにくいことがある。
前述のメリハリに、探索は飽きずに楽しむことができる。
だが、探索やマッピングを楽しめるのがエリア後半からだったりするのだ。

他エリアとの繋がりや、攻略ルートなどの自由度はそれなりに高い。
マップ問題さえなければ、普通に面白い探索であると言えよう。
それを差し引いても、及第点は間違いなくある

 

普通に美しい世界

このゲームでは、非常に美しい2Dの表現がなされている。
特に優れているのが、画面に浮き上がるような光の演出である。
探索している場所の雰囲気はとてもよく出ていると思う。

マップの繋がりもあれば、背景ストーリーも仄めかされている。
王道に必要な最低ラインは「普通」にクリアしている。
だから、多くの人にとって平均点は確実にあるだろう。

美しくも荒廃した、蟲たちの世界。
確かにそれは、感じることが出来る。
しっかりと作られた、きれいなマップであるのは確かだ。

だが、「背景ストーリー」と「マクロ視点でのマップ」の説得力にやや欠ける。
何故、そのエリアはそこにあるのか。
そういった「地理レベル」での理由付けが強ければ、更に輝いただろう。

 

総評

一言で言うなら、これはかなり高水準のメトロイドヴァニア系ゲームだ。

アクションは「普通に高水準」。
探索は「普通に高水準」。
世界観は「普通に高水準」。

面白いメトロイドヴァニア系がやりたいなら、間違いはないと思う。
それくらい高水準で纏まっている。

だが、「とにかく高水準」というのが個人的な感想である。
あまりにも小綺麗。あまりにも素晴らしい。
だからこそ、「クソさ」とか「尖ったところ」が無いのだ。

確かに良ゲーだし、確かに神ゲーかもしれない。
ただ私は、インディーらしい「棘」がないのが物足りなく感じた。

 

個人的お勧め度: ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: